インドネシア、バリ島長期留学と長期滞在。 煩雑なビザ申請手続きはお任せ下さい。
ビザ(VISA)を取得してバリ島長期留学・滞在
煩雑で難しいインドネシアのビザもガクシンなら安心です。
現地提携エージェントがビザ スポンサーとなりソシアル ビザ(Social VISA)を申請、取得します。

■最大6ヵ月の滞在が許可されます(5ヵ月の場合もあります)
※申請は在東京インドネシア大使館にて行います。
※現地で毎月延長手続きが必要ですが弊社スタッフ(日本語対応可)が手続きを致します。

■再申請(6ヵ月目以降の滞在)をご希望の方はお問い合わせ下さい。
特別料金にてVISAの新規申請手続きを致します。
※再申請は在シンガポール・インドネシア大使館にて行いますが、シンガポールのエージェントが代理申請をしますのでご安心下さい。

■ビザ取得必要日数は短期間で書類も簡単な物をご準備して頂ければ結構です。
弊社ではビザ申請から取得するまで責任を持って代行いたします。
お申し込後約10日間という短期間でビザの取得が可能です。
インドネシア・ソシアルビザ(Social Visa)申込込みから申請、取得までの流れ
■お申し込み
   ↓
申請に必要な下記のデーターをメールにて弊社までお知らせ頂きます。
1.現住所、電話番号、
2.パスポート番号、有効期限(有効期限は申請時6ヵ月以上必要です)
2.本籍地住所、 
3.保証人氏名、続柄、住所、電話番号 
4.写真1枚(3,5×4cm・カラー写真)
7.パスポート 
   ↓
■申請書類作成(ガクシン)
お客様に送付(サインのみを記入して頂きます)
   ↓
■在東京インドネシア大使館へ申請。
※関東圏にお住みの方で、本人申請を希望される場合。
チケットコピー(6カ月以上有効のチケット)が必要になります。
申請後、翌々日(土、日、祝日を除く)に取得出来ます。

※関東圏以外にお住みの方又は、代理申請を希望される場合は申請書類にサインをして頂いた後、弊社まで返送して下さい。
チケットコピー(6カ月以上有効のチケット)が必要になります。

申請後約1週間で取得出来ます。
   ↓
■バリ島へ出発
※Visa発効後2カ月以内に出発されない場合は無効となりますのでご注意下さい。
   ↓
■バリ入国後、出来るだけ早く弊社スタッフにお会い頂き、毎月のVisa延長手続、警察登録、銀行口座開設、運転免許につてご相談下さい。


★延長申請(6ヵ月目以降の滞在)の流れ(バリ滞在のまま延長を希望される場合)★

■最初のソシアルVISAが終了する約2週間前までにご連絡下さい。
   ↓
■弊社からスポンサーレター等、VISA申請必要書類をお送りします。
   ↓
■シンガポールへ出発
※書類にサインを記入して頂き、シンガポールの弊社指定のエージェントに必要書類、写真、パスポートを渡して下さい。
※午前11時までに指定のヒルトンホテルのロビーでお会い頂きましたら当日の夕方には取得可能です。(土、日曜日、祝日は閉館)

※チケット(バリ〜シンガポールの往復)はバリで安く購入入出来きます。
   ↓
■バリへ到着
  ※現地の弊社スタッフに警察登録、毎月のVISA延長手続きを依頼して下さい。

★日本−バリの往復チケットは6ヵ月有効のオープンチケットが必要です。
★バリ−シンガポールの往復チケットは約US$200(変更になる場合がりまのでご了承下さい)と安く購入出来ますので、現地で購入する事をお勧めします。
★現地で車を利用される方は国際免許をお持ち下さい。
★再申請(6ヵ月目以降の滞在)をご希望の方はお問い合わせ下さい、特別料金にて
  VISの新規申請手続きを致します。
★現地には日本語が出来る弊社のスタッフがいますので安心して参加して下さい。


■長期滞在でバリライフを満喫 ■
英会話又はインドネシア語の受講を希望される方はお問い合わせ下さい。

バリの長所は「人が優しい」「時間がゆっくりと流れ、のんびりしている」「神秘的な伝統文化がある」「食べ物がおいしい」「物価が安く生活がしやすい」と様々な点があります。

参加者の方各自の夢と目的に合わせたライフスタイルがオリジナルで創造出来る場所としてバリは人気があるのかも知れません。
インドネシア語又は英会話研修
インドネシア語又は英会話の受講を希望される方はお知らせ下さい。
レベルに適したマンツーマンレッスンの完全プライベートレッスンで受講して頂きますので短時間で効果的に実践的な会話が学べます。

宿泊はホームステイから、そのロスメンに移りバリライフを満喫!
最初はガクシンが厳選したデンパサールにある親日家でフレンドリーなホストファミリーで快適で楽しいホームステイライフをエンジョイして頂きます。
宿泊はホームステイから、その後コスやロスメンに移りバリライフを満喫!
最初はガクシンが厳選したデンパサールにある親日家でフレンドリーなホストファミリーで快適で楽しいホームステイライフをエンジョイして頂きます。


部屋はコテージ風で部屋のカギは個人で管理して、門から直接自分の部屋に出入りが出来るようになっています。 従来のホームステイのイメージではありません。朝、夕の食事は棟続きのオープンハウスで食べて頂きます。
ホットシャワー、エアコン完備のフレンドリーなホストファミリーです。
歩いて2分の処にWIFIポイントが有りますのでホストファミリーに場所をお聞き下さい

その間にバリの習慣や文化を学んで頂き、徐々にバリスタイルに馴染むトレーニング期間だと考えて有効に生活をして下さい。


 
 
 
     1F リビング                  2F  リビング

 
      リビング                  ゲストルーム


   ゲストルーム                    リビング


ホームステイ期間中にコス(アパート)やロスメン(長期滞在型ホテル)を視察して頂き、気に入ったアコモデーションに移動して頂きます。
勿論部屋探しは日本語の出来る弊社のスタッフがお手伝いをしますのでご安心下さい。

 
参加期間・費用
参加人員
随時/1名様から参加出来ます
申込締切期限
参加開始1ヵ月前
参加期間・費用






¥78,000
※ホームステイは4週間となります。
以後コス(アパート)、ロスメン(長期滞在型ホテル)に移って頂きます、部屋代は個人負担となります。
※ホームステイが要らない場合はお知らせ下さい、\36,000が上記プログラム費用から
差し引かれます。


プログラム費用に含まれるもの

■ソシアル ビザ(VISA)申請書類制作費
■ホームステイ費用(4週間:朝・夕食付)
■現地空港到着時の出迎費用
■現地オリエンテーション
■滞在期間中のアフターケアー


プログラム費用に含まれないもの




■航空券
■在日インドネシア大使館におけるソシアル ビザ(VISA)申請費
■現地におけるビザ(VISA)延長手続き費用(毎月)
■海外傷害保険
■現地移動費
■昼食
■4週目以後の宿泊費用
再申請費用
\35,000

プログラム費用に含まれるもの
■ソシアル ビザ申請書類制作費(在シンガポールインドネシア大使館で申請)
■滞在期間中のアフターケアー
プログラム費用に含まれないもの












■航空券(1年オープンチケット)
■在シンガポールインドネアシア大使館におけるVISA代理申請費
■現地警察登録証明費
■海外傷害保険
■現地移動費
■昼食
★航空券の手配いたします。
★パスポートの残存期間は申請時6ヵ月の有効残存期間が必要です。
★警察住所登録費 \1,000/1名様(ホームステイ利用の場合、現地でお支払い下さい)。
※インドネシア語の授業時間を増やしたい方はお問い合わせ下さい。
お申込条件・規約
こちらの <プログラム参加条件> をご覧ください。
お問合せ先

ガクシン文化事業部 <資料請求フォーム>
TEL:075-643-3353  E-mail:info@bali-ryugaku.com
Snap shots
  ガクシンバリ日本語学院の前で日本人の先生と生徒    伝統衣装を着て歩く

 
   ウブドの市場                     バリの村、風景 

 
   ウブドのロータスガーデン             ブンガカンボジャ

インドネシアVISA(ビザ・査証) バリ島留学プログラムのガクシン
株式会社ガクシン 文化事業部  〒612-0022 京都市伏見区深草綿森町 11-2  TEL:075-643-3352
©2010 Gakushin Co., Ltd.  All Rights Reserved.