インドネシアeビザ手配

Investment VisaRetirement VisaSocial Visa

 投資家ビザInvestment Visa C314・家族ビザFamily Visa C317 ・
ビジネスビザBusiness Visa B211A・Business Multiple Visa B212・Second Home Visaセカンドホームビザ(近々詳細決定)

 ■賢い選択 投資家ビザe-Investment Visa : C314■

本来はバリ島で既に会社を経営されておられる方、これからバリ島で会社設立をお考えの方を対象としたビザですが、Working Visa(就労ビザ)の発給を政府が厳しく制限をしていて、Investor Visa(投資家ビザ)発給を積極的に薦めています。

長期滞在を希望しているがRetirement Visa(リタイアメント ビザ)に年齢が満たないため申請が出来ない、Social Visa(文化交流ビザ)の滞在許可は最長6ヶ月で、毎月滞在延長手続きが必要となるのが煩わしい又インドネシアを離れた場合はビザが失効するため、再入国を希望する場合は再度新規の申請が必要となる等の理由でどのVisaが良いのか申請を迷っている方に最適です。
■投資家ビザとなっていますが、必ずしもバリ島で会社経営(役員、監査役)でなくても、将来起業を計画しているという理由で投資家ビザを申請、取得可能です。
取得すれば2年間の滞在許可が付与されます、その後再延長申請が可能です。
※別途申請費用必要
ご家族の方はFamily Visa(家族ビザ、1年間の滞在許可が付与されます、その後再延長申請が可能。
※別途申請費用必要
※Investment Visa取得者はKITASの取得が出来ます。
※Multiple Re-Entry(数次再入国許可書)が取得出来ます。
※家族の方はFamily Visaが取得出来ます。
※Investment Visa所有者はVisaを終了する時に、KITASの終了手続きが必要となります(別途申請費用必〉
■ファミリービザの方もKITAS, Multiple Re-Entry(数次再入国許可書)取得出来ます。

メリット

★KITAS保有者は現地銀行の口座開設が出来る。
★Multiple Re-Entry(数次再入国許可書)保有者はビザ失効することなく、何度でも出入国が可能となります。
■申請に必要な書類をご準備して頂くだけ、弊社が責任を持て申請取得致します。

★投資家ビザ(Investment visa)申請必要書類

1.パスポート(入国時有効残存期間30ヶ月)以上
2.パスポートカラ―コピー(写真のあるページ見開)
3.戸籍抄本
4.健康保険証カードコピー/policy
5.日本とインドネシアの住所は便宜上弊社現地スタッフの住所とします。
6.PDFデーター写真4×6cm(バック赤)
7.ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート2回以上の接種証明証)
8.フライトスケジュール
9.Statement Letter (5page,申込み後送付します) 

★ファミリービザ(family visa)必要書類

1.パスポート 有効残存期間18ヶ月以上カラーコピー(写真のあるページ見開)
2.戸籍抄本
3.健康保健証カードコピー
4
.ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート2回以上の摂取証明証)
※12歳未満のお子様は接種証明書不要、但しMedical Statement Letterが必要。
お申し込み後フォームを送りますので医者の署名を貰って下さい。
5.健康診断書(ワクチン接種が出来ない子供の場合等)
6.PDFデーターの写真4×6cm(バック赤色)
7.フライトスケジュール
8.Statement Letter(5pages、申込み後送付します)

《取得までの期間》
ビザ申請手続きは申請後約2.5ヵ月で交付されます。
必要書類をご準備頂くだけで、弊社が責任をもって取得致します。

《現地サポート》
現地には日本語の出来る現地弊社スタッフが常駐していますのでお気軽に相談、サポートを受けて頂けます。
■現地銀行口座開設
■運転免許取得(筆記、実技試験免除)

《日本サポート》
随時日本語によるLine及びWhatAppによるサポートを行っています。

セカンドホームビザe-Second Home Visa
■リタイアメントビザの申請が停止され延長申請も停止となりました、それに代わるビザとしてセカンドホームビザが発行されることになりました。
最大10年間の滞在が可能となり、家族の方の申請も許可されることになりました。
ビジネス、開業も許可されます。
※詳細は近日中に決定される予定です、詳細は弊社までお問い合わせ下さい。

★e-Secomd Home visa申請必要書類
〇パスポート(有効残存期限が36ヵ月以上)
〇申請者またはスポンサーの銀行口座(インドネシア政府系銀行に限る)にRp2,000,000,00020億ルピア)以上の金額を政府系金融機関み預け入れする事、またはその相当額の不動産の資産を証明する書類を提出。
〇直近のカラー写真(4×6cm、背景が白色)
〇職務経歴書

■申請者またはスポンサーは以下の書類を添付して申請する事で帯同者のセカンドホームビザの申請が可能です。
〇パスポート(有効残存期限が36ヵ月以上)
〇直近のカラー写真(4×6cm、背景白色)
〇夫、妻、子供、両親の有効なセカンドホームビザまたは一時滞在許可書
〇セカンドホームビザ又はセカンドホーム滞在許可証の保有者との家族関係を証明するもの
1.セカンドホームビザ又はセカンドホーム滞在許可証を持っている夫・妻の婚姻証明書
2.外国人がセカンドホームビザまたは滞在許可証のの保有者の親または子供であることを記載した出生証明または家族カード(既に英語で記載されている場合を除き、宣誓書した翻訳者によってインドネシア語に翻訳されたもの)

《現地サポート》
現地には日本語の出来る弊社スタッフがいますのでサポートを受けてます頂けます。 
■現地銀行口座開設
■運転免許取得(筆記、実技試験免除)

■e-Business Visa  B211A & Multiple Visa B212■
■B211A Visaは最大6ヵ月の滞在が許可されます
※初回は60日間の滞在が付与され、滞在延長を希望される場合はその後毎60日以内に延長手続きが必要です。
※別途申請費用必要
2回までの延長申請が可能ですので、最長180日間の滞在が可能となります。
■e-Multiple Business Visa, B212
■最長12ヵ月の滞在が許可されます。
※1回の滞在は最大60日間、それまでに出国しなければなりません。
再入国じのビザ申請は不要、何回でも出入国は可能です。
 
■ビザ取得必要日数は短期間で書類も簡単な物をご準備して頂ければ結構です。弊社ではビザ申請から取得するまで責任を持って代行いたします。

お申し込後約2週間(祝祭日、インドネシア大使館の休館日、土日を除く)という短期間でビザの取得が可能です。

e-Business VisaB211・Multiple申請必要書類は同じです

1.パスポートコピー(残存有効期限18ヶ月)以上
2.ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
3.フライトスケジュール(チケット手配済、フライトスケジュールコピー)
4.宣誓書 Statements Letter (5枚、申込後お送りします)
5.インドネシアの住所 ※住所は便宜上弊社現地スタッフの住所とします。
6.PDFデーターの写真4×6cm(バック赤 1枚)
7.健康診断書 Certificate of Health(ワクチン接種が出来ない子供等の場合)
8.戸籍抄本
10健康保険証カード

現地サポート

現地には日本語の出来る現地弊社スタッフが常駐していますのでお気軽に相談、サポートを受けて頂けます。
■現地銀行口座開設
■運転免許取得(筆記、実技試験免除)
す。

 

参加期間・費用

参加人員随時/1名様から参加出来ます
申込締切期限e-Investment Visa 2   ヵ月前
e-Family Visa   1.5ヵ月前
e-Retirement Visa 1.5ヵ月前
e-Business Visa        3  週間前
プログラム費用

e-Investment Visa
¥318,000+$150 (Telex費用)
e-Family Visa
 ¥183,000+$150 (Telex費用)
e-Multiple Business Visa
¥100,000
e-Business Visa
¥ 55,000 Telexを含)

プログラム費用に含まれるもの■各ビザ(VISA)申請書類制作費
■滞在期間中のケアー
 備 考 ■上記料金は変更される事があります、ご了承下さい。
延長申請費用お問い合わせ下さい。
プログラム費用に含まれるもの■滞在期間中のケアー
プログラム費用に含まれないもの■宿泊費用
■空港送迎
■航空券
■現地警察登録費
■海外傷害保険
■現地移動費
★航空券の手配いたします。
★警察住所登録費 1,000円/1名様(現地支払い)
お申込条件・規約こちらの<プログラム参加条件> をご覧ください。
お問合せ先ガクシン文化事業部 <資料請求フォーム>
MP 090-7348-0160
WhatsApp +81 90-7348-0160
Line naruotsuji
E-mail: tsuji@gakushin.co.jp
 

Snap shots

 
 
 
 
 
 mmあり